ギフトにも!神戸のお土産で有名なフランツの苺トリュフ食べてみた

%e7%a5%9e%e6%88%b8%e8%8b%ba%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%a5%e3%83%95

バレンタインやホワイトデーにオススメのお菓子「神戸苺トリュフ」をご紹介します。

神戸苺トリュフはおしゃれな箱に入っている、一口サイズのとってもおいしいチョコレート菓子です。

自分へのご褒美にもどうぞ^^

>>神戸フランツ公式サイトを見る<<

スポンサーリンク

神戸フランツについて

img_7282

神戸のお土産として有名なフランツは神戸の六甲店を1号店とし、現在は6つの店舗(六甲、三宮、北野、新神戸、南京町、ハーバーランド)を持っています。

フランツは、チーズケーキやチョコレートなど伝統的スイーツに、神戸ならではの「はいから・おしゃれさ」と「海・旅・おいしさ」をコンセプトに商品を開発しています。

最近では、朝の情報番組やバラエティー番組、雑誌など様々なメディアで紹介されているので、 ご存知の方も多いはず!

特に有名なのは、壺プリンや苺トリュフ、バレンタイン時期の工具チョコなどです。

スポンサーリンク

苺トリュフの感想

img_7296

普段はお土産用として買うことが多いのですが、今回はハーバーランドに遊びに行き、実際に店舗に行くことができたので、自分用に「苺トリュフ」を買ってみました。

img_7281

簡単に感想をお伝えしますね。

フランツのモチーフでもある「いかり」のマークが神戸の港町感があふれ出ていてお気に入りです。

img_7297

フランツのスイーツはプリンや生チョコ、ケーキなど、冷蔵保存のものが多いのですが、苺トリュフは常温保存可能で、日持ちが良いのが特徴的です。

img_7299

常温保存が効くので、バレンタインやホワイトデーのときに、まとめ買いして配るのにもおすすめです。

旦那さんの会社のホワイトデーのお返しに購入したときも、みなさんから評判でした。

出張のときにも、神戸土産として重宝しています。

ふたを開けるとこんな感じで、船の窓から苺トリュフが見えるようなデザインになっています。

img_7303

苺トリュフの大きさは、1口サイズで、子供でも1口で食べれるくらいです。

img_7309

大好きなコーヒーとも合いますが、今日は気分を変えて紅茶と一緒に食べてみました。

img_7310

なんとなく、高級感がアップするような気がします(*‘ω‘ *)

チョコレートの中身はフリーズドライ苺が丸ごと入っています。

img_7313

摘みたての苺をフリーズドライ処理して、ホワイトチョコレートでコーティングしているので、苺の季節じゃなくても新鮮な甘ずっぱい苺が楽しめます。

ホワイトチョコレートでコーティングされてることから、特にホワイトデーの季節には大人気だそうです。

ホワイトチョコレートというと、甘すぎるイメージがありますが、フランツのホワイトチョコレートは、甘すぎずまろやかな味わいです。

チョコレートの程よい甘さとフリーズドライいちごの甘酸っぱさが合わさって、ついつい手が伸びて、何個でも食べれるようなスイーツです。

オンラインショップで注文すると、プレゼント用のショップ袋もついてくるので、届いてすぐお土産として渡せるので、ギフトにもぴったりですね。

神戸フランツ・新規会員登録で100円分ポイントプレゼント

スポンサーリンク