ハロウィンの時期が迫ってくると、テーマパークでのハロウィンイベントが待ちきれなくなりますよね。

東京ディズニーリゾートでは今年もハロウィンイベントが開催されます。

パレードやショーは、この時期限定のハロウィンバージョンを楽しむことができます。

また、ハロウィン期間は様々なディズニーキャラクターに仮装して入場することが可能で、この時期を楽しみに待っている人は多いです。

今回はディズニーハロウィンのイベント内容や、仮装ルールについてご紹介します。

スポンサードリンク

ディズニーハロウィンの日程と仮装できる期間は?

ディズニーハロウィン仮装集

東京ディズニーランドと東京ディズニーシーの2つのパークは、2016年9月9日(金)~10月31日(月)までの間、ディズニーハロウィンのイベントを開催します。

フル仮装(全身仮装)できる期間は、小学生以下の子供は毎日、中学生以上の方はイベント期間の最初と最後の1週間である、9月9日(金)~9月15日(木)、10月25日(火)~10月31日(月)の合計14日間です。

この期間であれば、ディズニーキャラクターに仮装して入園することができます。

安全性のため、仮装したままでは利用できないアトラクションもありますのでご注意ください。

ちょこっと仮装(部分仮装)であれば、中学生以上の方でも、いつでも仮装して入園することが可能です。

 

ディズニーハロウィンの見どころは?

ハロウィーン・ポップンライブ

ハッピーハロウィーンハーベスト

東京ディズニーランドでは、「ハロウィーン・ミュージックフェスティバル」をテーマとして、様々な音楽に合わせて、ディズニーの仲間たちと一緒に盛り上がるハロウィンパレード「ハロウィーン・ポップンライブ」が開催されます。

2015年までは「ハッピーハロウィーンハーベスト」が開催されていましたが、2016年から新しいパレードとなります。

このパレードには、年に一度のこの季節を楽しむために、ディズニーの仲間たちやお化けのスターたちが参加します。

そして、パレードの主催であるグーフィーを先頭に、ハロウィン衣装をまとったディズニーの仲間たちやお化けのスターたちが、音楽やダンスを披露してくれます。

パレードは9箇所で停止し、ポップスやジャズ、ラテン、ロックなど様々なハロウィンの音楽パフォーマンスを堪能することができます。

ゲストも手拍子などで参加し、ディズニーの仲間たちと一緒に最高に楽しい時間を過ごせます。

◆公演回数・・・1日2回 (10:35 / 16:10)
◆公演時間・・・約50分
◆公演場所・・・パレードルート

スーパードゥーパー・ジャンピンタイム

スーパードゥーパー・ジャンピンタイム

東京ディズニーランドでは、元気なキッズのためのショー「スーパードゥーパー・ジャンピンタイム」が期間限定でハロウィンバージョンになります。

ディズニーソングに合わせてダンスをしたり飛び跳ねたり、パペットショーや福笑いにドキドキできるでしょう。

パペットショーではミッキーマウスやミニーマウス達が自分のパペットを使って楽しませてくれます。

キッズ向けのショーですがもちろん大人が楽しんでもOKですよ。

◆公演回数・・・1日3回 (10:00 / 12:10 / 14:30)
◆公演時間・・・約30分
◆公演場所・・・ブラザパビリオン・バンドスタンド

ザ・ヴィランズ・ワールド

ザ・ヴィランズ・ワールド

東京ディズニーシーでは、ヴィランズ(悪役たち)一色の「クールで怪しいハロウィーン」をテーマとして、怪しげな異空間となったパークで、ヴィランズが主役となったハロウィンパーティー「ザ・ヴィランズ・ワールド~ウィッシュ・アンド・ディザイア~」が開催されます。

ヴィランズは自分たちの魅力をアピールするために、それぞれが得意とする出し物を用意して、ディズニーの仲間たち一人ずつに招待状を出します。

招待を受けたディズニーの仲間たちはヴィランズをイメージしたコスチュームを身にまとい、パーティーに参加します。

パーティーがスタートすると、ヴィランズを乗せた船が5隻登場し、ディズニーの仲間たちを船に招き入れます。

ヴィランズたちは自分の魅力をアピールするためのパフォーマンスを披露し、招待されたディズニーの仲間たちもパーティーに加わって、ハロウィンを盛大にお祝いします。

◆公演回数・・・1日2回 (14:00 / 16:15)
◆公演時間・・・約25分
◆公演場所・・・メディテレーニアンハーバー

その他、デコレーション、グッズ、食事、ホテルなど

アトモスフィア・エンターテイメントやアトラクションなどもハロウィン期間限定バージョンとなって登場します。

イベント期間中のパーク内は様々なエリアがハロウィンでデコレーションされ、ハロウィンの雰囲気をより一層盛り上げてくれます。

ショップではハロウィングッズがたくさん販売され、パーク内のレストランでは様々なハロウィン期間限定のスペシャルメニューを楽しむことができます。

また、ディズニーホテルでも客室がハロウィンでデコレーションされ、レストランやラウンジでもハロウィン限定のスペシャルメニューが用意されるなど、最高に楽しいハロウィンの雰囲気を味わうことができます。

ディズニーハロウィンの仮装ルール

ディズニーハロウィンコスプレ

ディズニーハロウィン期間中の仮装にはルールが定められています。

ルールを守らないと入園を断られてしまうこともありますので、きちんと把握しておきましょう。

ディズニーキャラクター以外の仮装は禁止

ディズニーキャラクター以外に仮装することはできません。

仮装できるキャラクターは以下の通りです。

  • ディズニーの映画、番組、ゲームに登場するディズニーキャラクター
  • 東京ディズニーランド・東京ディズニーシーに登場するディズニーキャラクター
  • 東京ディズニーランド・東京ディズニーシーでのパレードやショーなどに出演するダンサーや出演者

指定期間以外のフル仮装は禁止(小学生以下を除く)

中学生以上の方がフル仮装できる期間は9月9日(金)~9月15日(木)、10月25日(火)~10月31日(月)の14日間です。

ただし、小学生以下の子供であれば、イベント期間中は毎日フル仮装することが可能です。

過度なメイクや危険な道具の持ち込み、露出の多い仮装は禁止

仮装のNG例は以下の通りです。

  • 肌と異なる色や濃い色を塗る
  • 傷跡や血のりを描く・付ける
  • 口元全体にひげを描く・付ける(一部分ならOK)
  • お面、つけ鼻、ゴムマスクを付ける
  • 長い棒や杖を持ち込む(幅60cm×高さ50cm×奥行25cm内ならOK)
  • ナイフ、モデルガン、花火を持ち込む(本物でなくてもNG)
  • インラインスケート、キックボード、スケートボードを持ち込む
  • 肩ひもが無かったり、おなかが露出している(肌着や上着を着用すればOK)
  • 水着・下着・全身タイツの姿をする
  • 引きずるほどの長いドレスや長い髪などの装飾をする

キャストの仮装は禁止

本物との区別が付かなくなってしまう恐れがあるのでキャストの仮装はできません。

指定場所以外での着替えは禁止

パーク内のトイレやコインロッカーなどで着替えることはできません。

仮装期間中は、パーク外のプロムナードギフトの右手の建物に着替えスペースが用意されていますのでそちらを利用しましょう。

着替えスペースは混雑が予想されるため、可能なら自宅や宿泊先で着替えやメイクを済ませることが推奨されています。

他のゲストのショー鑑賞の妨げとなる仮装は禁止

帽子や髪飾り、髪型などのアレンジする方もいるかと思いますが、ショーやパレードを鑑賞する際に、帽子をかぶったままだったり髪飾りをつけたままだったりすると、後ろの人に迷惑をかけてしまいます。

みんなが楽しめるように髪飾りなどは取り外すように心掛けましょう。

おわりに

ディズニーハロウィンについてご紹介してきました。

東京ディズニーランドも東京ディズニーシーもそれぞれ趣の異なったイベントが楽しめます。

ディズニーはハロウィンイベントの期間が1年のうちで最も混雑する時期となります。

それだけみんながハロウィンを楽しみにしているということですね。

仮装のルールはしっかりと把握しておかないと、入園を断られる可能性がありますので気をつけましょう。

この時期だけの特別なイベントを是非楽しんでください。

 

USJのハロウィンイベントについては以下を参照してください。

記事:USJハロウィン2016はホラーナイトが怖い!仮装期間はいつ?