北野武監督がフランスのナポレオン創設のレジヨン・ドヌール勲章「オフィシエ」を授与されることが明らかとなりました。

叙勲式は今月の25日に、フランスのパリ市内で北野出席のもとに行われます。

今回は北野武監督が受章したレジヨン・ドヌール勲章「オフィシエ」とはどういうものか、そして映画の次回作などについて見てみましょう。

スポンサードリンク

北野武のプロフィール

北野武プロフィール

本名 北野 武(きたの たけし)
別名義 ビートたけし、北野武、マス北野
愛称 たけちゃん、たけし、殿、世界のキタノ
生年月日 1947年1月18日
出身 東京都足立区島根

 

日本のコメディアン、タレント、映画監督、脚本家、俳優。

日本国外においては映画監督・北野武としての知名度が高い。

北野武が受章するレジヨン・ドヌール勲章「オフィシエ」とは?

北野武監督はナポレオン創設のレジヨン・ドヌール勲章・オフィシエを受章されます。

レジヨン・ドヌール勲章とはナポレオン・ボナパルトによって制定されたフランスの栄典制度で、現在のフランスでも最高勲章として位置しています。

レジオンドヌールは5階級に分かれており、上から順に「グランクロワ(大十字)」、「グラントフィシエ(大将校)」、「コマンドゥール(司令官)」、「オフィシエ(将校)」、「シュヴァリエ(騎士)」となっています。

今回は上から4番目の章を受章したということになります。

北野武はこれまでに芸術文化勲章を受章している

北野武監督はこれまでにもフランスで賞を授与されており、1999年にフランス芸術文化勲章シュバリエ、2010年には同勲章のコマンドールを受章しています。

芸術文化勲章とはフランス文科省が制定した名誉勲章で、「芸術・文学の領域での創造、もしくはこれらのフランスや世界での普及に傑出した功績のあった人物」に授与されます。

芸術文化勲章は3階級に分かれており、上から順に「コマンドゥール(騎士団長)」、「オフィシエ(将校)」、「シュヴァリエ(騎士)」となっています。

北野武監督の「コマンドゥール」受章に対して当時はレジヨン・ドヌール勲章の「オフィシエ」を受賞した黒澤明監督を超えたとする報道もありましたが、レジオンドヌール勲章と芸術文化勲章の比較は無意味だとする声がありました。

今回のレジヨン・ドヌール勲章「オフィシエ」の受章については黒澤明監督と同一の章を受章することになります。

北野武の映画の次回作はアウトレイジの最新作

2016年8月23日、北野武監督自らも主演を務めた「アウトレイジ」シリーズの続編が極秘に完成していたことが明らかとなりました。

暴力団の内幕を描いたこのシリーズは、2010年に1作目「アウトレイジ」が公開され、2012年に公開された2作目「アウトレイジ ビヨンド」が大ヒットしたことから話題となっていました。

今作の正式なタイトルは未定ですが、出演者に配られた台本には「最終章」とあり、シリーズの最終作になると思われます。

最新作では、韓国に渡った大友が現地の暴力団と手を組むところから物語が始まり、日本のヤクザとのもめ事から抗争に発展する様子が描かれるそうです。

北野武がハリウッド実写版の攻殻機動隊に出演

北野武が演じる荒巻大輔

 

スカーレット・ヨハンソンが主演で実写化される映画「Ghost In The Shell (2017)」に、荒巻大輔役で北野武が出演します。

 

Ghost in the Shell Official Teaser Trailer #1 (2017)

 

スカーレット・ヨハンソンが演じる草薙素子や北野武が演じる荒巻大輔の姿が確認できます。

映画「Ghost In The Shell (2017)」は2017年3月31日に全米公開予定となっています。

今からとても楽しみですね。

おわりに

フランスの勲章制度や北野武監督の映画の次回作、ハリウッド実写化される攻殻機動隊について見てきました。

北野武監督が芸術文化勲章に加えて、レジヨン・ドヌール勲章まで受章されたのは日本人として喜ばしい限りですね。

アウトレイジの最新作も、実写版・攻殻機動隊もどちらも楽しみです。

北野武監督の活躍に今後も期待しましょう!