タレントの川村ひかる(36)がプログで第1子となる男児を出産したことを発表しました。

以前に出演したテレビで複数の病気を患っていることを明かしていた川村ひかるですが、実は双子を妊娠していたのです。

今回は川村ひかるの病気と妊娠していた双子はどうなったのかについて見てみましょう。

スポンサードリンク

川村ひかるのプロフィール

名前: 川村 ひかる(かわむら ひかる)
生年月日: 1979年10月18日
出身地: 東京都

 

川村ひかるは元サンズエンタテインメントに所属し、現在はOFFICE Meguに所属するタレント。

1999年に「サウスポー」というユニットでCDを発売。

2000年から5年間、競馬番組『ウイニング競馬』に出演。

写真集の売上がグラビア部門で1位を記録したこともある。

2014年の「有吉ゼミ2時間スペシャル」では、会社を設立し、大手カフェチェーンのメニュー開発などに携わり、年収が3000万であることを明かした。

川村ひかるの病気とは?

川村ひかるは2016年の7月に出演した番組「ノンストップ!」で患っている病気について語っています。

23歳のときに子宮内膜症、31歳で若年性更年期障害、そして34歳からは脳動脈瘤を発症しているそうです。

そんな中、2015年に結婚をしました。

川村ひかるの旦那は?

川村ひかるの結婚相手は40代の年上の一般人男性です。

お互いは趣味のゴルフを通じて知り合いました。

ゴルフデートや神社巡りなど楽しい時を過ごし、結婚へと至りました。

川村ひかるの夫は一般人のため、詳しい情報は出回っていません。

川村ひかるはもともとは双子を妊娠していた

川村ひかるが結婚したのは2015年9月のことです。

結婚と同時に不妊治療を行い妊娠することができたそうです。

川村ひかるは身長が150cmと小柄なのですが、妊娠当時は「こんな小さな体で双子が産めるのかな。出産中に動脈瘤が破裂したら怖い」と不安で一杯だったと語っています。

その後の診断により、双子のうちの一人の心臓が止まっていることが伝えられました。

残念なことですが、もう一人の命は順調に育っていました。

おわりに

病気をたくさん抱えていたので色々不安はあったと思いますが無事に元気な男の子が生まれて良かったですね。

双子の出産とはならなかったのは残念ですが、生まれてきた子供にはもう一人の分まで精一杯生きて欲しいと思います。

以下は川村ひかるの喜びの声です。

「私を産んでくれたお母さん、そして一緒に頑張ってくれた主人に改めて感謝しています。出産という経験から母親になるという責任の重さを感じながら、暫く育児奮闘が続きますが、子供と共に成長していきたいと思いますので温かく見守ってくださるとありがたいです」