2016年9月8日、Appleは最新スマートフォン「iPhone7」と「iPhone7 Plus」を発表しました。発売日は2016年9月16日となっています。

事前に様々な情報がリークされておりましたが発表されたものと違いはあるのでしょうか?

気になる仕様を確認してみましょう。

スポンサードリンク

iPhone7はIP67規格の防水防塵仕様

事前にリークされていた情報通りにiPhone7は、IP67の防水防塵仕様となりました。これはホームボタンの仕様を変更したことで実現されたと考えられます。

IP67の規格は、防水性として「規定の圧力、時間で水中に浸漬しても有害な影響を受けない。」、防塵性として「粉塵が内部に侵入しない。」というものです。

防水防塵の両性能が高いのでちょっと水に落としてしまったりしても安心ですし、ホコリが入り込む心配もないので嬉しいですね。

iPhone7 Plusはデュアルレンズを搭載

iPhone7のカメラは4.7インチモデルも光学手ブレ補正機能が搭載されるようになりました。そして、iPhone7 Plusは2つのレンズを搭載したデュアルレンズ仕様となっており、片方のレンズは望遠レンズであるため最大で10倍までの望遠機能を有しています。

デュアルレンズは、より詳細で明るい写真が撮れるためiPhoneで写真をよく撮る方には嬉しい仕様となっています。

iPhone7はイヤホンジャックが廃止

イヤホンジャックの廃止が噂されておりましたが、こちらも事前リーク通りに無くなりました。

付属するイヤホンはLightningコネクタとなり、従来のイヤホンやヘッドフォンを使いたい人向けには変換アダプタが用意されるようです。

iPhone7はジェットブラックとブラックを追加した5色

iPhone7のカラーラインナップとしては、既存色であるシルバー・ゴールド・ローズゴールドに加えて、ジェットブラック(ツヤあり)とブラック(ツヤなし)の2色が追加され、計5色となりました。

iPhone7はFeliCaに対応

iPhone7はソニーのICカード技術であるFeliCaに対応すると発表されました。

FeliCaとは「おサイフケータイ」のようなもので、コンビニでの買い物や駅の改札の支払いをiPhone7を使ってできるようになります。

felica

FeliCa対応は10月後半開始を予定しているとのことです。

iPhone7の気になる価格は?

iPhone7の容量は32GB、128GB、256GBの3モデルが用意されます。

iPhone7の本体サイズは67.1×7.1×138.3mmで重量が138g、iPhone7 Plusは77.9×7.3×158.2mmで188gとなっています。

  • iPhone 7(32GB):72,800円(税込78,624円)
  • iPhone 7(128GB):83,800円(税込90,504円)
  • iPhone 7(256GB):94,800円(税込102,384円)
  • iPhone 7 Plus(32GB):85,800円(税込92,664円)
  • iPhone 7 Plus(128GB):96,800円(税込104,544円)
  • iPhone 7 Plus(256GB):107,800円(税込116,424円)

iPhone7の予約開始日は?

発売日が2016年9月16日となっているiPhone7ですが、予約開始日がドコモ・au・ソフトバンクの大手3キャリアより発表されました。

3キャリアともに予約開始は2016年9月9日(金)16時01分からとなっています。開始時刻が切りの良い数値でないことが気になりますが、これはアメリカの予約開始時刻に合わせ、「世界同時予約開始」を行うためなのです。

おわりに

iPhone7の仕様についてご紹介してきました。

ほぼ事前リーク通りの仕様になっていますね。個人的には防水防塵とデュアルレンズの仕様が嬉しいです。カメラ機能が高性能なのでデジカメを持つことも少なくなりそうです。

発売まで1週間ちょっとしかありませんね。早く欲しい方は確実に手に入れるために予約しておきましょう。