近年のハロウィンはとても大きな盛り上がりを見せていますね。

各地ではパーティーやパレードが開催され、仮装して楽しむ人も年々増えてきている状況です。

さて、ハロウィンの市場規模ですがどれくらいかご存知ですか?

なんと2015年にはハロウィンの市場規模はバレンタイン市場を超えるまでの急成長を遂げています。

今回はハロウィンの市場規模に関してお話をしたいと思います。

スポンサードリンク

ハロウィンの市場規模の推移

まず初めに、近年のハロウィンの市場規模の推移を見てみましょう。

  • 2011年・・・560億円
  • 2013年・・・1003億円
  • 2014年・・・1100億円
  • 2015年・・・1220億円

年々着実に市場が拡大していますね。

2011年に560億円だったものが2015年には1220億にまで成長しており、わずか4年で2倍以上の急成長を遂げています。

日本の総人口が1億2700万人ほどなので日本人全員が一人当たり約1000円使っているという計算になりますね。

ハロウィン市場規模が拡大した理由は?

日本でハロウィン市場が急成長した理由としては、子供だけが楽しむイベントから、大人も楽しめるイベントへと変化したことにあります。

海外では子供のためのイベントとなっておりますが、日本では独自進化を遂げ、コミックやアニメのキャラクターなど、コスプレを取り入れた様々な仮装パーティーが開催されるようになっています。

大人の消費は子供の数十倍以上にも及び、ハロウィン関連グッズの売上も拡大し続けています。

子供から大人まで誰でも楽しめるハロウィンは今後も益々成長を遂げていくことでしょう。

他の市場規模との比較

ハロウィンの市場が分かったところで他の市場規模も見てみましょう。

  • ホワイトデー・・・730億円
  • バレンタイン・・・1080億円
  • ハロウィン・・・1220億円
  • クリスマス・・・6740億円

2015年のハロウィンの市場規模は1220億円を超えており、バレンタインの市場規模である1080億円を超えるまでに成長しています。

これは、6740億円であるクリスマスの市場規模に次ぐ大きなイベントということになります。

クリスマスが圧倒的なのは、やはり特別な日であって、消費する物の単価が高いことが理由として挙げられます。

所得が少なく、生活に余裕が無くてもクリスマスくらいは奮発しようと思うものですよね。

ハロウィンで消費する物はそれほど高価ではありませんのでこのような大きな差があるのです。

おわりに

ハロウィンの市場規模に関してお話してきました。

クリスマスに次ぐ市場規模にまで成長していることに驚きですね。

市場規模は年々拡大しており、ソーシャルゲームなどでもハロウィンイベントが開催されるまでになっています。

2016年もハロウィンは日本に大きな経済効果をもたらしてくれることでしょう。