フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦・ロシア杯に出場した宇野昌磨選手がSP世界歴代3位の高得点で首位に立ちました。

開幕戦・アメリカ大会では自己ベストを更新し見事に優勝しましたが、こちらでも素晴らしい結果を残してくれそうですね。

今回は宇野昌磨選手のロシア大会2016でのSP得点結果や動画、男子SP歴代TOP10をご紹介します。

スポンサードリンク

宇野昌磨のロシア大会2016のSP得点結果は?

4日にスタートしたロシア杯の男子ショートプログラム(SP)に出場した宇野昌磨選手は98.59点というSP歴代3位となる高得点を記録し、堂々の首位に立ちました。

そのロシア杯の男子SP動画がこちらです。

 

Shoma Uno SP 2016 Rostelecom Cup

 

冒頭の4回転フリップでは少しバランスを崩し右手をつきながら着氷。

 

宇野昌磨ロシア1

 

4回転-3回転の連続トーループでも着氷が乱れましたが、その他はバイオリンの音色に乗せて情感たっぷりに滑りきりました。

キスアンドクライで高得点が表示されると驚きの表情を見せます(笑)

 

宇野昌磨ロシア2

 

これまでの自己ベストは今年2月の四大陸選手権で出した92.99点だったのですが、その得点を5.6点も更新しました。

インタビューでは「あまりの高得点ですごくうれしい。失敗があっても最低ラインに持っていけた」と語っています。

 

宇野昌磨選手は第1戦のスケートアメリカで優勝しているため、表彰台に上がることができれば12月にフランスで開催されるグランプリ(GP)ファイナルの出場が確定します。

この調子だと難なくグランプリファイナルまで行けそうですね^^

 

2016/11/06追記

宇野昌磨選手が一番乗りでグランプリファイナル進出が決定しました!

記事:宇野昌磨のロシア大会2016でのFS得点(スコア)結果と動画!

 

ちなみに各選手の得点は以下の通りです。

 

 順位  名前  国  スコア
1 宇野昌磨 日本 98.59
2 ハビエル・フェルナンデス スペイン 91.55
3 ミハイル・コリヤダ ロシア 90.28
4 オレクシイ・ビチェンコ イスラエル 86.81
5 シャフィク・ベセギエ フランス 80.68
6 エラッジ・バルデ カナダ 76.36
7 アルトゥール・ドミトリエフ ロシア 76.06
8 マックス・アーロン 米国 73.64
9 ゴルジェイ・ゴルシュコフ ロシア 73.37
10 田中刑事 日本 69.13
11 アレクサンデル・マヨロフ スウェーデン 67.80
12 デニス・ヴァシリエフス ラトビア 62.40

男子ショートプログラム(SP)歴代TOP10

SP歴代3位となる高得点を記録した宇野昌磨選手ですが現時点(2016/11/05)でのTOP10を調べてみました。

 

Name Nat. Event Date Score
1 Yuzuru HANYU JPN ISU Grand Prix Final 2015/16 10.12.2015 110.95
2 Javier FERNANDEZ ESP ISU European Championships 2016 27.01.2016 102.54
3 Shoma UNO JPN ISU Four Continents Championships 2016 19.02.2016 98.59
4 Patrick CHAN CAN ISU GP Trophee Bompard 2013 15.11.2013 98.52
5 Boyang JIN CHN ISU Four Continents Championships 2016 19.02.2016 98.45
6 Tatsuki MACHIDA JPN ISU World Championships 2014 26.03.2014 98.21
7 Denis TEN KAZ ISU Four Continents Championships 2015 12.02.2015  97.61
8 Daisuke TAKAHASHI JPN ISU GP NHK Trophy 2013 08.11.2013 95.55
9 Maxim KOVTUN RUS ISU GP Rostelecom Cup 2013 22.11.2013 92.53
10 Evgeni PLUSHENKO RUS XXII Olympic Winter Games 2014 06.02.2014 91.39

 

羽生結弦選手とハビエル・フェルナンデス選手しか到達したことのない100点を超える日も近いかもしれませんね^^

おわりに

グランプリ(GP)シリーズ第3戦・ロシア杯でも好スタートを切った宇野昌磨選手。

世界選手権2連覇中のハビエル・フェルナンデスとの対決に注目が集まっていますが、本人は「僕はまだ敵に値する選手ではない。人との戦いを意識しないようにしたい」と語っています。

フリーの結果にも期待してしまいますね^^

 

こちらの記事もおすすめです。

記事:宇野昌磨のごり押しが嫌い?実家は金持ちで祖父は画家、弟はモデル!

記事:宇野昌磨の海外の反応は?スケートアメリカ動画翻訳!低身長は病気?

記事:宮原知子が嫌いな理由はジャンプが低い?歯や身長、体重も気になる!