11月6日におうし座南流星群、11月13日におうし座北流星群のピークが訪れます。

今回はおうし座流星群2016の方角やピークの時間、東京や大阪、福岡などの地域でも観測可能なのかといったことについて見ていきましょう。

スポンサードリンク

おうし座流星群とは?

もうすぐ おうし座流星群極大日

 

おうし座は狩人オリオン(オリオン座)に襲いかかっている2本の角を持つ牡牛の姿を表した星座です。

 

オリオン座とおうし座

 

おうし座流星群とは、そのおうし座に放射点を持つ流星群のことを言い、おうし座南流星群とおうし座北流星群があります。

 

おうし座流星群は毎年10月下旬から11月中旬に見られ、11月上旬に極大日(ピーク)を迎えます。

 

 

おうし座にはアルデバランやプレアデス星団など有名な天体が含まれています。

プレアデス星団は「すばる」とも呼ばれ、肉眼で確認することが可能なので流星群と同時に観察してみましょう。

 

すばる(プレアデス星団)

おうし座流星群2016の方角は?

流星群の現れる方角は東なので、東の空を眺めましょう。

おうし座流星群を見るときは近くにあるオリオン座を目印にすると良いでしょう。

 

オリオン座とおうし座2

 

東の方角を眺めていると1時間に数個の流星が見られます。

おうし座流星群2016のピークは?

2016年のおうし座流星群の南群のピークは11月6日北群のピークは11月13日です。

今年は南群が観測しやすいのでオススメです。

ピークの日ではなくても見えることはありますよ。

 

おうし座流星群2016の時間帯は?

おうし座流星群は一晩中見ることができますが、月が沈んだ後の夜中は空が暗いため観測に適した時間だと言えます。

見やすい時間帯は21時以降とされています。

おうし座流星群2016は東京、大阪、福岡でも見える?

おうし座流星群の天気

 

おうし座流星群2016は全国で観測することが可能ですが、天気が曇りだと観測は少し難しくなります。

また、明るい地域も観測が難しいので月が沈んだ後にネオンの少ない場所で探してみましょう。

東京や大阪、福岡などでも観測は可能です。

 

おわりに

おうし座流星群2016の方角やピークの時間などについて見てきました。

流星群を見に行く場合は外は寒いので体調を崩さないよう防寒対策はしっかりしていきましょう。

もしお住いの地域で星空が見えない場合は、Weather Newsが11月6日の23時~25時におうし座南流星群を生中継してくれますのでこちらの配信をどうぞ。

 

おうし座南群流星群2016

 

記事:しし座流星群2016の方角やピーク時間!東京・大阪・福岡では?